「美しい」と暮らそう

お裾分けしたい花の遊びと暮らし

2019.01.31 松岡 美緒

松岡 美緒

森に住んでいた時、毎日が美しかった。
朝起きて、
火を焚いて、
霧掛かった森を走り抜け、
月の光に照らされながら家に帰り、
フクロウの声を聞きながら眠りにつく。

美しさが空気のように漂っている。

森に住んでいたのは夏から冬の時期だったから、静かな森に小さな花が咲くと繊細な感性が全身を喜ばせてくれた。春から初夏に移り変わろうとしている今の季節は、どこも花が満開で私も意識向けるので大忙し。

蜜蜂のお出迎えで忙しいタイムの花

植物が花を咲かせるとき、
蜜蜂や蝶々がたくさん集まって
おしゃべりできるように
精一杯広げる花びら
なぜ私たちも魅了されているんだろう?

これから書くのは、「花」との遊びと暮らし。遊びを見つけることも楽しいから、私が書いたレシピは参考程度に。みんなが編み出したレシピを教えてくれたら嬉しい。

用意するもの

  • 道端で見つけた花、お花屋さんの花、ブーケトスで受け取ったバラ、アイスの横についてた蘭、育ちすぎた野菜の花など

「花」に言葉を添える

誰もいない家で目覚めた時に見つけると嬉しいものは、一緒に住んでる人からの置手紙。その横に小さな花が添えてあるとなんだか優しい気持ちになる。

その日見つけた花を日記に挟んだり、押花にして封筒に入れたり。

バルコニーで育てた矢車草とコリアンダー

「花」と食卓の上で遊ぶ

食卓を終わりかけの花でいっぱいにする。それだけ聞くと特別に聞こえないかもしれないから、これは是非一回やってみてほしい。

朝ごはんに試すのがおすすめ。朝日が似合うから。

花に囲まれて食事をするなんてピクニックみたいじゃない?

朝ごはんの風景
違う日の朝ごはんの風景

「花」を味わう

ルッコラの花はルッコラの味、春菊の花は春菊の味がする。レモンの花がスーッと鼻を通るのも好き。

花を選んだら、花びらを支えている額の部分を取り除いて花びらだけを味わう。噛んだりせずに 舌の先に乗せて、 鼻を抜ける香りを味わってみて。

面白いことに、子どもにしか分からない微かな香りがあるみたい。もし香りを感じない時は、子どもたちにどんな体験をしたか教えてもらってね。

リンゴの先についているのはタイムの花
トマトにたっぷりオリーブオイルとルッコラの花

「花」とお皿の上で遊ぶ

お皿に乗ってるだけで豊かな気持ちになる。
ヨーグルトを花びらでカラフルにしたり、サンドイッチに添えてみたり。いつもの納豆ご飯にかける、なんてのもいいよね。アイスクリームとかも最高。

とにかく、気分がいつもと変わる。

マイケルが焼いたパンにはパンジーがちょうど入る穴があった
揚げたお餅とたんぽぽの花うどん

「花」と綺麗にする

命が終わった花に少し水を振って、お茶を淹れたあとのハーブや茶葉の残りと一緒に床に撒く。
ほうきを使って掃いたとき、床のほこりが飛ばないように。
それからゴミが全部集まったときも鮮やかさがあって、なんだか嬉しいの。

掃除をしてる時の風景を変えよう

「花」から色をわけてもらう

紙にこすりつけるだけでも色がきれいに出る。ツユクサ、マリーゴールド、さつまいもの葉、試してみたら出るのも出ないのもいろいろ。色ペンを忘れたら花を探してみて。

レモンをかけると色が少し変わるよ
クレヨンのような発色だけど実は花の色

「花」と話す

最初は何も聞こえないかもしれないけど、花も木もみんな繋がっていて、みんな喋っている。

こないだ私が話した柿の木は、花が終わりかけの気持ちを教えてくれた。少し寂しそうな、でも色んな虫が遊びに来てくれて受粉も終わってホッとしたって。地球ともっと繋がった瞬間。

花と静かな時間を作ってみよう

「花」の水を作る

私は、太陽が昇り始める前に、花に溜まった朝露を集める生活をしたことがある。花びらが落ちないようにバラを丁寧に振って、香りがついた朝露を、花畑を歩きながら集めていく。

肌につけたり、ドレッシングの隠し味に入れたり。

濡れた柔らかい花びらに触れる。そんな朝を毎日迎えたい。

「花」風呂

家にある花を浮かばせる。それだけで体と心がほぐれる。

香りがいい花やハーブ、柑橘系の皮もあれば混ぜてみるのもいいかも。ぼーっとしながら、湯船の中で花と遊ぶ。

いつも点ける電気の代わりにロウソクを灯そう。

カモミールティに浸かる

「花」と寝る

まぶたの上にバラや椿の花びらを乗せたことある?
まぶたにキスしてもらっている。柔らかくて優しい心地がする。

ベッドルームに行くと花の香りがするってとても幸せなこと。
眠りの深さも違ったり。

目が覚めてあなたが一番最初に見えるものはなに?

遊びながら暮らしている。
暮らしながら遊んでいる。
そんな毎日があったとしたら。
そんな毎日を誰かに手渡せたなら。

生きてみたい
美しさをただ受け止めるためだけに

今日も「美しい」に囲まれて
良い一日を。

一つだけ気を付けてほしいことがあるとすれば、公園の花やお花屋さんの花は食用に用意されたものではないから、農薬が使われていることのほうが多いと思う。ただ飾ったりする分には大丈夫だけど、食べたり一緒に寝たりするときはお花を選んでね。どの花が食べられるか見分けることにハードルを感じるかもしれないけど、花の名前を調べれば食べられるかすぐ分かるよ。
松岡 美緒

松岡 美緒

国際開発を学び、平和構築を目指したパキスタンのNGOに従事。世界中の農村に滞在するうちに、食や自然と繋がる教育に出会う。現在、ガーデン・ティーチャーとして、学校菜園(Edible Schoolyard)や都会の循環型菜園(Urban permaculture)を実践中。もっと詳しく

質問はこちらまでお寄せください スパイラルクラブに寄付する

オススメ記事

  • なんで美緒は東京に戻ってきたの?

    東京には戻ってこないつもりで荷造りした。気が付いたらまた東京にいた。もうスパイラルに包囲されてる!

  • 若いからこそできることがある#Fridays For Future

    『気候正義のために金曜日は学校を休みます。』日本でもスタートした、学生ストライキとは?

  • 清水イアンでござる!!!

    知られざる清水イアンの全てを公開!ついでに宇宙の秘密も暴露しました。絶対に読まないで下さい!

    清水 イアン

    清水 イアン