「サステナブルなライフスタイルって、なに?」

第1談:松岡 美緒&伊藤 聡士

2019.01.31 FUJIGARA

FUJIGARA

こんにちは!おふじです。

普段は写真を撮ったり、カルチャーを通して児童虐待問題を考えるためのZINEを作ったり、スパイラルを軸にわちゃわちゃと元気よく(時にドン底に落ち込みながら)生きております。

今回、よりみんなにスパイラルを好きになってもらう機会を作りたくて、対談連載を始めることにしたよ。

月に一度、くじで当たった2人に、これまたくじで引き当てた1つのトピックについてとことん話してもらうっていう、すごくシンプルでディープな記事です。これを読んだ人は少しずつスパイラルのことが気になってきちゃうと思う。(シシシ♡)本当に、素敵な人たちなの、スパイラルって。だから、たくさんの人に読んでもらえたら嬉しいな。

今回の対談者は、こちらの方々!

fujigara_spiral club

松岡 美緒

国際開発を学び、平和構築を目指したパキスタンのNGOに従事。世界中の農村に滞在するうちに、食や自然と繋がる教育に出会う。現在、ガーデン・ティーチャーとして、学校菜園(Edible Schoolyard)や都会の循環型菜園(Urban permaculture)を実践中。

fujigara_spiral club

伊藤 聡士

1993年生まれ。夢は環境問題を解決すること。きっかけは小学生の頃、近所の自然が消滅し大好きな昆虫観察ができなくなったこと。大学院ではIPCCの報告に寄与する研究所に所属。東京大学大学院卒。環境学修士。2018年12月Spiral参加。

さて、2人はどんな話を聴かせてくれるのかな?

それではおしゃべり、はーじめっ!

fujigara_spiral club

食生活の偏りが原因で、

顔からチーズ臭が・・・?!

千葉の山で語られる ‘理想’ と ‘現実’

ふ:というわけで、今回おふじ(以降、ふ)の連載では、くじ引きで当たったスパイラルクラブのメンバー2人に、おふじが選んできたトピック(これもくじ引き)についてガッツリ対談してもらおう!っていう企画を考えました。

一同:はーい!

ふ:はーい笑 そこで今回この合宿中に行われる記念すべき第1回目は、ミオ(以降、ミ)スッピー(以降、ス)です!

fujigara_spiral club
収録時、スパイラルは千葉県の古民家にてパーマカルチャー合宿の最中であった

・ガヤ:イェーーーーイ!!!!!!!フゥーーーーーーー

ガヤ:ミオッピ~♡ピ~ピ〜♡

ふ:はい、トピックはほんとシンプルで、’理想のライフスタイル’’サステナブルな暮らし’ って、2人にとってどんなもの?ってことについて話してほしいです!

ス:イェーイ。え?これって、ラジオになってるの?

ふ:ううん、ラジオじゃないよ。

ス:あ。あとで文字起こしするんだ。

ガヤ:あ!なんだ!じゃあ、フィーー!とか、言ってもいいんだ?

ふ:全然言っていいよ!

ガヤ:静かにしなきゃいけないのかと思った!

ふ:全然うるさくしてて大丈夫!

ガヤ:OK!じゃあ種とか飛ばしてていいのね。プッ!(種飛ばす)

ふ:いいよ!

ミ:スッピーがさ、さっき言ってたこと、はじめに言ったら?

ス:ん?………(考えるスッピー)あー!そう。持続可能なライフスタイルって言われても、俺は正直何もできていなくて、ミオは素晴らしくできているからめちゃくちゃ話すことあるけど、俺はほとんど話すことない…みたいな感じになる気がして。

ミ:でもスッピー、何もないって言ってるけど、何かありそう。自分でも知らないうちに実は…みたいな。

ふ:そうだね。それに、今はできてないけど、これからしたい!ってことは、スッピーないの?

ス:あ。そっか、’理想の’ だもんね。それはめちゃめちゃあるね。

ミ:へ~あるんだ~(ニヤニヤ)

ふ:それを聴きたいのよ!

ミ:笑 よかったね。さっきスッピー沈んでたの。「俺、話すこと何もないんだけど…」って。

ガヤ:スッピーはあるに決まってんだろ!

ス:あるに決まってる!!

ガヤ:笑

ミ:聴きたいね。

ふ:うん、スッピーの ’理想’ 聴きたい!

ス:そうだね。俺は、’食’が持続可能な暮らしに一番関係していると思っていて。だけど自分の食生活が、普段のサラリーマン生活の中だとぐちゃぐちゃで。最近はお昼ご飯の時間をちゃんと作って、外食でも野菜とか摂るようにはしてるけど、大体はコンビニ飯とか、いつも同じパンを買ってそれを食べる、みたいな。で、少し前まで、いつも脂っこいパンを買ってたの。それずっと食べてたら段々、自分の顔からチーズ臭がするようになって…

ガヤ:WOW!ほんとに?!

ガヤ:今もしてんの?

ス:今はしない笑 それを体験してやばいなって思ったから、自分の食生活見直して、変えてこうかなって。

ミ:そのチーズ臭、どうやって嗅いだのか気になる笑

ガヤ:顔から、こう、出てきてたの?

ス:あ、そう、「チーズ誰か食べたのかな?」って思ったら…

一同:爆笑

ミ:自分だったの?笑

ス:うん、自分だった笑  他の人にも嗅いでもらって、「あ、するわ」みたいな。そのぐらい偏った食生活だったから、今は外食にはなるけど、1000~1500円ぐらい昼食にかけて、コンビニに偏らないようには心がけてる。できれば、無農薬の野菜を積極的に摂ったり、気候変動や動物倫理の観点からなるべく肉を減らしていきたいとも思ってるんだけど。

ふ:スッピーの中で、自分で作るっていう選択はないの?

fujigara_spiral club
理想の暮らしを語るスッピー

ス:うん!理想ではすっごい作りたい!今はその時間が取れないけど…

ふ:そうだよね、作るって結構時間が必要だよね。お昼ご飯を作るためには朝も早く起きないといけないし、前の日の夜から準備しなきゃいけないこともあるかもしれないし。

ス:そうだね。でもお弁当を自分で作りたいのもあるけど、理想としては食材の栽培から自分でやりたい!うちは家族でずっと区民農園をやってたんだけど、そこがもうマンションになっちゃったからもうできなくて。

ガヤ:え~~~~~~

ス:今は庭で作ろうしているんだけど、ちょうど日陰だから育たないんだよね…自給自足とは程遠いかなって感じ。’作る’って体験をもっとしたいし、3食のうちせめて1食は自分たちが作ったものを食べたいっていうのが、理想かな。

ふ:ミオは’自分で作る’ってことをよくしてるし、なんなら栽培とかもしてたりすると思うんだけど、どう?

ミ:なんか、1日1食全部の野菜ってなったら結構なスペースが必要だから、特に都内だと難しいよね。新宿とかのビルの屋上で1メートル×2メートルの畑借りるってなると、賃料高いからすごく大変。

うちでやってるのは、おふじと道歩いてる時に拾ったすっごい小さいポットに土と種を入れて、そこから出てきた小さいグリーンを料理の上に散りばめたりしてる。でもそれだけでも、水をあげたり、「芽が出た!」「出てこない…」の成長を感じれるのが楽しい。そういう小さいことから始めないと続かないし、逆にそれがワクワクしたりもする。

このあいだキャベツの花が咲いたんだけど、菜の花みたいなやつ、それをサラダに加えたり。さっきおふじが納豆ご飯にかけて食べてたコーンフラワーっていう青いお花も今うちで咲いてて、それをアイスクリームにかけたり。

fujigara_spiral club
この日の朝、おふじは森の散歩に寝坊し行けず、心優しいミオが貧血気味のおふじのために鉄分を含んだ青いお花をお土産として持って帰ってきてくれたのである。涙。

ガヤ:うわ~~~~めっちゃ美味しそ~~~~~

ミ:味は全然変わらないんだけど、自分で育てたものをほんの少し生活の中に取り入れるだけで、豊かな時間が過ごせる気がしてる。でも確かに、朝も昼もご飯を作るってなると、出る時間はずっと後なのになぜかいつも朝の6時起きみたいな笑。しかもミオは和食を食べたいから、そうなると家に炊飯器ないのにご飯を炊いたり、日によっては素麺茹でたり…時間はすごくかかる。本当は屋上ガーデン(表参道Communeにあるみどり荘)行って少し作業してから仕事に行きたいんだけど、それやるのは今ちょっと無理かな…。

ふ:ほとんど眠れなくなっちゃうよね。

ミ:そう笑 だから、すっごく小さいかもしれないけど、今の生活の中で出来る範囲、楽しめる範囲でやっていくのがいいのかなって。ミオもほとんどの食材は買ってるし。出来るところを楽しんでるって感じかな。

「できるところから楽しく変化を」

日々の生活の中で、

他にできることってあるの?

ふ:そういうところではスッピーと同じだね。出来ることから変えていく、徐々に自分の理想に近づけていく、って。でもそれも楽しいよね!東京にいて出来ることが少ないと思いつつも、なんだろ、そんな中にもスキマを見つけていくみたいな。そのスキマに豊かさを見出していく作業って、とってもキラキラした時間になるんじゃないかなって思う。

ミ:そうだね。あ、あと、そう、スッピーとミオが共通して今の生活でやりたいことがあって、家の電力を変えるっていう…

・ふ:そうだ~!

ス:やんなきゃね。3月中にやるって言ってたのに変えてない。

ミ:3月って言ってた?!5月じゃなかった?

ス:3月、3月

ミ:そっか、じゃあ今月中にはやろう!リリアンが記事で紹介してくれてるサステナブルな電力会社がいくつかあってそれを参考にしたんだけど、その中の「みんな電力」っていうところのパンフレットがすごい可愛くて、いろんな人がいろんな形(風力とか水力とか太陽とか)で電気を作ってそれを供給してる会社なの。ネットで住所と銀行口座を登録したらすぐ切り替えられる。もしかしたら建物にもよるかもしれないけど。

ス:10分ぐらいで終わる?

ガヤ:そう、10分もかかんないかも。アマゾンで買い物する感覚。

ふ:2人とも「みんな電力」にするの?

ス:そうだね、そこがいいと思ってる。

ミ:ミオはそのパンフレットの可愛さでここにしようって思った笑

fujigara_spiral club
いつもチャーミングな笑顔を向けてくれるミオ

一同:笑

ミ:なんか、カエルが風車の前で待ってる絵とかが描いてあるの。可愛いなあって。

ふ:可愛いね。今度見てみる。

ミ:名前も、好き。

ス:みんな電力?

ミ:うん、みんな電力。

ガヤ:じゃあ、今度変えたタイミングで会いに行こ。

ミ:みんな電力に?会いに行きたい。まだ変えてない人、他にいる?

ガヤ:俺、みんな電力には変えてない。

ミ:何になってるの?

ガヤ:たぶん、生協

ガヤ:うちはグリーナグリーンピープルズパワーもいいなって思う。

ガヤ:みんな電力とグリーナは登録も、いっすん。

ガヤ:いっすん?

ガヤ:一瞬。

ス:ポチッ、ぐらい?

ガヤ:ポチ、カキカキ、ポチカキカキ、ポチカキ、ぐらい。

ミ:最後ポチしなきゃ笑

ガヤ:そう、最後はポチッ。

ス:新しい電力会社にする時、契約切る作業とかいらない?

ガヤ:うん、新しい電力会社が全部やってくれるから。

ス:そうなんだ!そっちの方がめんどくさいと思ってた!

ガヤ:必要なのは自分のところの検針票の番号と、あと何アンペア必要かどうかぐらい。

ガヤ:うちも一回親に相談した時、確かJCOMか何かといっしょに契約してるからできないって言われちゃって~

一同:あ~~~~~~~~~~~

ミ:なるほど。

ガヤ:だから、そういう場合でも変えられる仕組みがあれば最高だなとは思う!

ミ:そうだよね。

ガヤ:一回話戻そうか笑

‘理想’ = ‘現実’

将来実現したいことは、

持続可能な社会と、伝書鳩?!

キーワードは「楽しみ感謝する選択」

ス:とりあえず、エネルギーは変えよう。で、話を少し戻すと、ミオはこういう自然の中でパーマカルチャーに精通してるから、トイレもコンポストトイレにして、それを堆肥にして、その堆肥で野菜を作って食べて…っていうことがもうすでに出来てると勝手に思ってたんだけど、将来的にそういう生活をしたいとは考えてる?

ミ:うん。最終的には東京から移りたいと思ってて、そうしたら馬も飼いたいし、鶏も飼いたいし…で!それでね、今考えてるのは、伝書鳩を飼って、隣の隣の家ぐらいにメッセージを送れるようになりたい!!

一同:笑

ミ:鳩ってね、すっごい綺麗で、写真集で見たんだけど、鳩のお家を建ててるところが世界中にたくさんあるの。だからうちでも、電子メールじゃなくて、鳩がたくさん行ったり来たりしてメッセージをやりとりしたくて…!

ガヤ:それスパイラルメンバーで東京でも出来そうじゃない?

一同:やりたい!!!!

ガヤ:「今からミーティングでーす」とかね!笑

ガヤ:「ちょっとスラックみて」とか笑

ミ:届くのいつだろう笑

ふ:危ない、また話が逸れそう笑 ミオはいずれ東京を離れて~っていうことを思い描いてるけど、スッピーは住むところの理想ってある?

ス:理想は、田舎に住みたい。山に住みたくて。森林浴毎日したい。ただそう思いつつも、より多くの人が持続可能な暮らしをできるような社会にしていきたいとも思ってるから、東京で何ができるのかっていうことにも興味はあるし、そこは追求していきたい。

fujigara_spiral club
山でのスッピーは本当に生き生きとしていた

ふ:うん、東京にいるからこそ出来ることもきっとあるだろうなって思う。2人が言ってるように、今いる場所で出来ることをやっていく。スパイラルを通してそういう人が増えたら最高だよね。

ミ:持続可能な暮らしっていうと「絶対オーガニックじゃなきゃダメ」とか「コンポストじゃなきゃダメ」とかすごくルールがたくさんあるように見えがちだけど、それだと続かない気がするし、それで苦しくなってしまうのは良くないエネルギーかなって思う。

東京とこういう田舎の違いを比べるんじゃなくて、「あのお店に行けば美味しい野菜が食べられる」「あそこに行けば暮らしのアイデアをシェアしてくれる人がいる」って、東京にいても、そうやって’楽しみ感謝する選択’ にエネルギーを使うことで、より持続可能な世界へ近づけるんじゃないかなって思う。

ふ:’持続可能な生活’って、すごくシンプルなんだなって2人の話を聴いてて感じたよ。シンプルだけど、すごく豊か。

ミ:好きで楽しくて美味しくて、それが知らないうちにどんどん周りにも広がっていく感じ。

ス:そうだね、それは俺も感じてるし、ミオと共通する部分かなって思った。

ミ:どんどん実現していきたいね。

ス:していきたいね~。

ふ:2人のこれからが本当に楽しみ!今度は第2談として…1年後かな?

ミ:1年後ね笑  どれぐらい変わったか、とか?

ス:そうだね、今は電力も変えられてないからそれが実現できているのかと、俺は食がどれだけ変えていけてるのか…

ガヤ:わかんないよ、来月のくじ引きでまたスッピーが当たるかも…

ス:え、どうしよう

一同:爆笑

ふ:とりあえずは、2020年の5月4日に、また2人のお話聴かせてね。ありがとうございました~!

ミ:ありがと~

ス:ありがとう!

ガヤ: ありがと〜〜〜

fujigara_spiral club

<今月のおしゃべりを終えて>

はーい。おふじです。

みんな、どうだった? ミオとスッピーのお話。

今回こうやって、あえて2人だけで(数人のガヤはいたけれど)1つのトピックについて話してもらう時間をみんなにもらったわけだけれど、改めておふじは、「スパイラルって、おもしろいなあ〜」って思ったよ笑。

「伝書鳩」って単語、普段の生活の中にあまり出てこなくない?

それからおふじは、2人の「東京にいても出来ること」について考え追求しようとしている姿をとっても尊敬したし、その想いに共鳴もした。

きっと、この記事を読んでくれているみんなにも ‘それぞれの理想’ が存在すると思うのね。おふじにも少なからずあるし、まだ探し中な部分もある。でも普段の生活に追われていると、それを忘れてしまうこともあったりして、「あ〜あ」ってなる場面もたくさんあるんだよね。本当は ‘理想’ を軸に回ればワクワクしてくるであろう生活も、いつの間にか軸が別のことに入れ替わっている感じ。

今回2人の話を近くで聞いていて、その忘れがちな ‘理想’ がどれだけ自分や周囲を豊かにしてくれるものなのか、少し思い出せたような気がしています。とにかく、楽しかった。おふじ、対談専門のインタビュアーになりたい笑。

みんなも、もし2人の話を楽しんで聴いて(読んで)くれていたら嬉しいです。

改めて、ミオとスッピー、素敵な時間を本当にありがとう!

そして、おしゃべりに付き合ってくれたあなたも、ありがとう。

来月のトピックは「いま日本がやるべき気候変動対策ってなんだと思う?」です。

さてさて、誰がくじで当たるのかなあ〜。なあ〜。

次回もおたのしみ!またね!

FUJIGARA

FUJIGARA

1993年生まれ。埼玉で犬やカラスと踊り狂いながら育つ。もっと詳しく

質問はこちらまでお寄せください スパイラルクラブに寄付する

オススメ記事

  • 若いからこそできることがある#Fridays For Future

    『気候正義のために金曜日は学校を休みます。』日本でもスタートした、学生ストライキとは?

  • なんで美緒は東京に戻ってきたの?

    東京には戻ってこないつもりで荷造りした。気が付いたらまた東京にいた。もうスパイラルに包囲されてる!

  • 清水イアンでござる!!!

    知られざる清水イアンの全てを公開!ついでに宇宙の秘密も暴露しました。絶対に読まないで下さい!

    清水 イアン

    清水 イアン