温暖化、令和に解決できるかな?

みんなに知ってほしい、気候変動の最新情報をまとめました

2019.01.17 清水 イアン

清水 イアン

4月22日はアースデイでした。そして水曜日からいよいよ令和です。

そんなタイミングだからこそ、私たちの生活の全てを支えてくれている地球に今何が起きているのか知っておきたい。ということで、 今日は気候変動に絞って、最新の情報を皆さんにお届けしたいと思います。

僕は、大学生の頃から気候変動問題に取り組んでいますが、確実に状況は悪化しています。これ以上放置したら世界中で大変なことになるので、温暖化が令和で解決されることを願って、平成最後にこの記事を書くことにしました。

日本語では圧倒的に情報が少ないので、海外の報道や調査を5つの項目にまとめて紹介します。

5つの項目はこんな感じでまとめています:
 - 大気中のCO2のこと
 - 地球の表面温度のこと
 - 海のこと
 - 氷のこと
 - 再エネのこと

それでは、平成最後の気候変動まとめ記事、お届けします!

260万年ぶりに、大気中の CO2 の濃度が 411 ppm に到達

2019年3月5日、ハワイのマウナ・ロアナにある研究所で、大気中の CO2 の濃度が 411ppm を超えたのが観測されました。これは人類の歴史上、最も高い数値となります。

マウナ・ロアナ観測場

研究者によると、以前地球の CO2 の濃度がこれほど高かったのは、520 ~ 260万年前の「鮮新世」の時。この時代、地球の温度は平均で今より3-4℃高く、グリーンランドの氷は完全に溶けきっていて、海面は15-20メートルも高かったと言います。

大気中の CO2 濃度が 411 ppm を超えたからといって、すぐに 260万年前のような世界に変わるわけではありません。地質学と気候変動の専門家マーティン・シーゲルトは、英紙ガーディアンの取材に対し、今の地球の状況をこう説明しています:

「自宅のオーブンを200℃に設定しても、すぐにその温度まで上がりません。しばらく時間がかかります。今の地球はそういう状況です。」

↑ 400,000年前からのCO2の推移が見れるグラフ。Nasa より

過去の気候は、現在の気候が向かう先を教えてくれます。また、大気中の CO2 濃度を元に、地球の温度がどこまで上昇するか、比較的正確に予測することが可能です。今大気中にある CO2 の量は、いずれ 4℃の温暖化、15 ~ 20m の海面上昇を招いてしまうかもしれないのです。

人類史上 99%の間、地球のCO2 濃度は約 280 ppm を保ってきました。しかし、これが産業革命から急上昇を続けています。その原因は、1850年ごろに始まった石炭、石油、天然ガスなどの化石燃料の燃焼にあります。化石燃料を燃やすと、CO2 を含む温室効果ガスが大気中に大量に放出されます。

今でも、年間約40ギガトン(40,000,000,000トン)のCO2が大気に放出されています。「オーブン」の設定温度を下げるためには、まず CO2 の排出量を急速に減らす必要があります。

↑最近増えている洋上風力

2018年、2019年、世界中で記録的な暑さ

2018年は地球の表面温度が、観測史上 4番目に暑い年としてランクインしました。平均表面温度が最も高い年は(1位から3位の順で)2016, 2015, 2017 と、全て過去5年以内におきています。

トップ10は、10位を除いて全て2000年以降におきています。地球の表面気温が右肩上がりに上昇していることはもはや否定できません。

イギリス気象庁は、2018年以降の5年間はさらに記録破りの暑さになると予想しています。実際に、2019年に入り各地で最高気温の記録更新が相次いでいます。

ニュージーランドでは、157年の観測史上最も暑い1月の気温を観測しました。オーストラリアでは、国全体の1月の平均最高気温を更新しています。一月に、南部に位置するアデレイドは46.6度、ポートオーガスタでは49.5℃と、いずれも過去最高記録を観測し、オーストラリア全土では外出を控えるよう政府から勧告が出されました。

過酷な暑さは、自然動物にも影響し、数十万にのぼる魚の大量死、熱中症によるカンガルーの気絶、弱ったオオコウモリが木から落ちる事態になり、ニュースで大きく報道されました。

2019年の7月、日本は熱波により各地で記録的な暑さになりました。東京では、観測史上初めて40度を超える気温が観測されました。日本は2018年に、熱中症による緊急搬送者数が過去最多を記録しています。温暖化は、カンガルーだけではなく、人命に関わる危機へとすでに発展しているということです

Go, Pause or Stop?

膨大な熱を蓄積する海。観測史上最高温度を記録。

2018年、海の平均年間水温が過去最高を記録しました。

海は、温室効果ガスが地球に閉じ込めた熱エネルギーの93%を吸収しています。大気に残留している熱エネルギーは、たったの2%前後。圧倒的な量の熱エネルギーが海に取り込まれているのです。

これまで、海の温度の上昇がコンピュータモデルによる予測と合意していないことが、科学界で注目を集めていました。というのも、コンピュータモデルによると、膨大な熱エネルギーを閉じ込めた海の温度は、実際の観測データが示すよりも、はるかに高くなっているはずでした。

コンピュータモデルが間違っているのか?それとも観測データが間違っているのか?その議論の決着がついに、今年の1月につきました。

世界約3900地点で水深2000mから海面までの水温を観測している「ARGO」というシステムのネットワークから上がった正確な観測データが、モデルが示したトレンドと一致したのです。具体的には、2015年以前の観測データが示していたよりも、25% ほど早い速度で海が温暖化していることがわかりました。

ARGO 設置風景
ARGO 設置地点マップ

先ほども言ったように、地球に蓄積している熱エネルギーのほとんどが海に取り込まれています。そのため、地球の表面よりも海の温度の方が温暖化の進行をより正確に表すと言われています。

1958年に始まった観測史上、もっとも海の平均気温が高かった一年は、暑い順で 2018, 2017, 2015, 2016, 2014 年です。著しく上昇傾向にあることがわかります。中国の研究チームによると、海の温度も計算に含むと、2018年は観測史上もっとも暑い一年でした。

海の温暖化は様々な問題をもたらします。海水温の上昇により、過去30年で世界中のサンゴの 50%が死滅しました。サンゴ礁には、5億人が様々な形で頼りながら暮らしていると試算されています。

2月に発表された調査によると、海の温度の上昇の影響で、現時点ですでに世界中の魚資源が 4%低下しています。獲りすぎの問題で低下している魚資源に、温暖化が追い打ちをかける形になっているのです。他の調査では、温暖化を2度未満に防止できたら、年間1,000万トンの漁獲量が保護できると試算されています。

イギリスの調査チームによると、海の熱波の数が3倍に増加していることが明らかになっています。カリフォルニアの山火事のように、海の熱波は起こるたびに海の生態系に壊滅的な打撃を与え、長期的な悪影響をもたらします。

サンゴ礁や海の生態系への影響の他にも、海水温の上昇は海面上昇や、海水の脱酸素や酸性化、台風や嵐の強力化を招きます。海面上昇に関しては、サトシが書いたツバルの記事をご覧ください。脱酸素化や酸性化、それらがもたらす被害に関しては、また今度!

↑ 海に蓄積する熱エネルギーを表すグラフ

世界中で氷が減少している。ヒマラヤでは氷河の2/3が消えるおそれ。

「これは、あなたがまだ聞いたことの無い、気候変動がもたらす危機です」

こう話すのは、英紙ガーディアンのインタビューに答える、フィリッパス・ウェスター氏です。彼は、ヒンドゥークシュ・ヒマラヤ山脈にある氷河の融解に関する報告書をリードした科学者です。

アフガニスタンからミャンマーまで、3500kmも続くヒンドゥークシュ・ヒマラヤ山脈(HH山脈)は、南極と北極の次に大量な氷がそこにあることから、「第3の極」と呼ばれています。この山脈には、2500万人もの人が暮らしていて、そこにある氷河からインド、パキスタン、中国などへと流れる水流には、16億人の人々が頼りながら暮らしています。

5年間の調査の集大成である、2月に発表された報告書によると、1970年代と比較して、HH山脈にある氷河は15%減少しています。そしてこのまま温暖化が続けば、2100 年までに氷河の2/3が溶けてしまいます。2050 – 2060年までは、氷河の融解が加速することにより水流の水量は増し、それ以降からは水量は減少していきます。

水量が増えると、氷河湖が決壊し、地域の集落や町が完全に水没するリスクがあります。逆に水量が減ると、水力発電所が働かなくなり、エネルギー供給に問題が発生します。さらに、安定的な水の供給が無くなることで、農業の生産率が低下し、山脈付近の国々の食料自給が大打撃を受けます。

氷河の融解 → 水量の変化がもたらす様々な被害は「国境を超えて影響を与えるため、地域の国家間の対立に簡単に発展しうる」とウェスター氏はガーディアンに話しています。

↑上空から撮影した海氷

氷河に関して言えば、グリーンランドでは約50年前と比べて6倍の速度で氷が減っているという報告書が4月22日に出ています。グリーンランドの氷河は大陸の上に位置しているため、溶けると水が海に流れ出て、その分海面が上昇します。グリーンランドの氷床が全て融解した場合、海面は7m上昇すると言われています。

北極や南極の海氷(海の上に浮かぶ氷)の量は2019年に入ってから、記録的に低い数値をキープしました。2019年の北極の海氷は、1月に最大値を迎えましたが、観測史上7番目に少ない時点までしか成長しませんでした(過去7番目に北極の海氷の量が少なかったってことです)。

北米最北端の町、バローに住むイヌピアックの知り合いも「今年は氷が溶けるのが早い」と教えてくれました。

Carbon Brief より、2019 南極・北極の海氷の量。色のついた平均範囲の下を走っている

気候変動、対策しないとコストは7倍。再エネを増やすことが急務。

気候変動・温暖化の悪化を防ぐためには、再生可能エネルギーを増やす必要があります。

再エネを増やすために必要なテクノロジーはすでに全て揃っていて、世界中で発電コストが下がり続けています。IMFによると、2009 ~ 2017年の間に、太陽光のコストは76%、風力タービンのコストは34%低下し、化石燃料よりも再エネの発電コストが低い地域が世界中で増えています。

一方、日本では「再エネを増やす」という明確な姿勢が政治の領域で定まっていないため、依然コストは高く、急速な普及に足踏みしています。

先日 Nature Communications に発表された調査によると、温暖化を2度未満におさえるには6京7000兆円かかります。しかし、4度温暖化した場合、その影響は世界経済に47京円の打撃を与えます。温暖化に取り組まないと、経済的負担が7倍に増えるということです。

再エネが「高い」から導入しないことは、目先だけを考えた判断であることは明白です。

世界では、気候変動対策の加速を国に求め、市民が立ち上がっています。16歳のスウェーデン出身のグレタ・トゥーンベリが始めた Fridays for Future は世界中に広まり、3月15日には気候変動防止を求め、世界中で160万人の学生が学校を休みデモに参加しました。

さらに最近には、気候変動に対して「緊急事態宣言」をすることを国家に求める運動「 Extinction Rebellion」が世界中に広まり、何万人もの人々が参加しました。

どんな形であるにせよ、市民が再エネの普及を後押しすることには大きな意味があります。日本では、自宅を使う電力に、再生可能エネルギーを選択することができます。その他にも、気候変動に取り組む方法はたくさんあります。気になる人は、僕が前に書いたこの記事をチェック!

地球の状態は、青信号?黄信号?赤信号?あなたはどれだと思う?

2019年平成最後の気候変動まとめはここまでです。

令和直前(それともあなたがこれを読んでる頃にはもう令和かな?)の休日、ゆっくりとした時間を楽しみながら、世界中の人々、そして地球のことを一瞬でも考えてみてはいかがしょうか?

令和は、日本にとって新しい時代の幕開けを意味します。この時代にこそ、今はまだ悪化の一途を辿っている温暖化を、なんとしてでも解決しなくてはなりません。

あなたにもできることが、必ずあります。Output したい人はどうぞ、スパイラルに参加してください!いつでも仲間を募集しています。

それでは、良い平成を。See you in 令和。

P.S:5月1日に Spiral Club メンバー数名がイベントで登壇します。ゆるく会話できる場になるらしいです。Spiral のメンバーと会ってだべりたい方は、ぜひともお越しください!詳細はこちらです。

清水 イアン

清水 イアン

1992年大阪生まれ東京育ち。心のふるさとは沖縄の海。国際環境NGO 350.org Japanを経て、現在はフリーで環境に関する記事の執筆、講演、コンサルをしている。環境に関する「会話」が日常化していない状況を変えたく、仲間と新たな発信の拠点「Spiral Club」を立ち上げる。もっと詳しく

質問はこちらまでお寄せください スパイラルクラブに寄付する

オススメ記事

  • なんで美緒は東京に戻ってきたの?

    東京には戻ってこないつもりで荷造りした。気が付いたらまた東京にいた。もうスパイラルに包囲されてる!

  • 若いからこそできることがある#Fridays For Future

    『気候正義のために金曜日は学校を休みます。』日本でもスタートした、学生ストライキとは?

  • 清水イアンでござる!!!

    知られざる清水イアンの全てを公開!ついでに宇宙の秘密も暴露しました。絶対に読まないで下さい!

    清水 イアン

    清水 イアン