今年の日焼け止め、もう選んだ?

今年の夏は、「地球にやさしい日焼け止め」にしてみない?

2019.01.31 松岡 美範

松岡 美範

こんにちは。サンゴが大大大大好きなみのりです。

最近はなぜだか涼しくてとっても過ごしやすいけれど、 季節はもう夏本番にどんどん近づいてる。夏といえばあなたは何を思い浮かべる?
私は、海、花火、入道雲、蚊取り線香(いつも蚊とは仲良くなれない)!

暑くなるとわくわくして、海に行きたくてうずうずする。
旅行で思いっきり夏を楽しめるところにお出かけする人も、たくさんいるはず。
今日はそんなあなたと一緒に振り返りたい。

ずばり、海に行く時の紫外線対策、どうしてる?
サンゴと、日焼け止めってどうやら関係あるらしいよ。

先日、友達とこんな会話をした。

友人:私最近、旅行にはまってるんだけど、オーストラリアに行ったの!やっぱり行ったからには海にもぐりたくて、グレートバリアリーフの海を見てきたんだ~。

私:(よだれが出るほどうらやましい。)写真とかないの~?見たい見たい!

友人:ガイドさんに動画とってもらったの!

私:(動画を見る)うわ~すごい。魚がいっぱいだね。(ん…?でもこの背景に映ってる珊瑚、全部死んでるかも?)このサンゴ、藻みたいなの生えてた?

友人:藻とかさんごとか、見分けられないよ~。でも自然好きだから癒されたわ~!

私:そりゃそうだね。私も潜りに行きたいな~。

こちらはモルディブのとあるポイント。青々とした海…けどところどころに見える青緑色の塊は、サンゴの表面に生えた藻の種類。藻が生えたサンゴはもう死んでいる。

グレートバリアリーフやモルディブ(上の写真)でもサンゴ死んでるんだな…というのも衝撃的でしたが、

サンゴ好きでもない限り、人間がサンゴの死に気づくことすら難しいんだなってことに悲しくなった。

サンゴは海の水がよごれたり、気候変動に伴う海水温上昇により数を減らしています。そしてなんと、私たちが使う日焼け止めも、サンゴを弱らせる原因になっています。(原因に関する話はこの後で!)

海の問題って大きすぎて、研究者でも、政治家でもない私に何が出来るんだろうって思う方もいるかもしれません。

でも、あるんです!

海におでかけするあなただからこそできること。そしてきっと、あなたも楽しんでできること。
それが「サンゴに優しい日焼け止めを選ぶこと」
今日は「サンゴに優しい日焼け止め」のお話をします。
サンゴだけじゃない。あなたの皮膚にも、地球全体にも優しい日焼け止めのお話。

むっふっふ、って聞こえてきそう。楽しそうなおじさん。塗っちゃうだけでハッピーになれる日焼け止めってなに!?この方の日焼け止めは記事の最後の方で紹介します。

私たちが肌に塗った日焼け止めは海に入ったり、汗をかいたりして、水に溶けて、落ちていきます。
いやいや、日焼け止めを変えるだけで、地球にとって何がよくなるの?という疑問もあると思います。

でも、科学的な調査で、以下のような結果が出ています。

日焼け止め一滴が、オリンピック競技用プール6個半中の海水を汚す

海に流れ込む日焼け止めの量は、年間で1万4000トンにものぼる

海水にとけた日焼け止めは、そのまま消えてなくなると思いますか?
日焼け止めが海や海洋生物にどんな影響があるかなんて、目に見えないから良く分からない。
けど一滴でプール6個分も汚れるのであれば、一日海に行っただけでどれだけの水を汚してる計算になるんだろう!?

日焼け止めだけに配慮しても、サンゴが減り続ける問題は解決できないけれど、私たちができることで、海を、地球を救う糸口を一緒に探してみよう!

そもそも日焼け止めが海を汚してるって、一体どうして?とギモンに思ったそこのあなた。まずは、自分がどんな日焼け止めを使っているか、振り返ってみよう。

<日焼け止めの種類>

日焼け止めは大きく分けて、①紫外線吸収剤と、②紫外線拡散剤があります。
成分表やラベルに、「これは紫外線吸収剤ですよ」とか書いてあれば見分けるのはラクチンなんだけど、このような表記は書いてありません。
見分けるには、日焼け止めの材料に注目する必要があります。まず最初にイメージを持って欲しいのは、以下2つです。

①紫外線吸収剤主に化学物質でできている
②紫外線拡散剤主に自然物質でできている

材料のイメージがつかめたら、それぞれを使ったときの特徴を見ていこう!

紫外線吸収剤
身体に塗った日焼け止めが、紫外線を吸収します。吸収した紫外線は、熱に変換されることで皮膚を守ることが出来ます。塗った時には、体に馴染みやすく、白っぽくなりづらいことも特徴です。持続時間も紫外線拡散材と比べて長いので塗りなおす回数が少なくて済みます。

②紫外線拡散材
身体に塗った日焼け止めが、紫外線を反射するため、皮膚を守っています。塗った時には、紫外線吸収材と比べると少しごわつくことがあり、白っぽくなりやすい。また、持続時間は①と比べると短いです。

なんだか効果だけで見ると①紫外線吸収剤の方が、魅力的じゃない?
でもちょっと待って。
紫外線吸収剤は紫外線を吸収するオキシベンゼンオクティノクセイトと呼ばれる、化学物質が含まれています。そして肌馴染みが良く感じられるよう、とても小さな粒子(ナノ粒子、100万分の1ミリ)も使用されています。

<この材料がサンゴに与える影響は?>

オキシベンゼンやオクティノクセイト等の化学物質は、特にサンゴの幼生(赤ちゃん!)対して悪影響があり、奇形として育ったり、場合によっては成体になれず死んだりします。これらの物質はサンゴの成長細胞を傷つけられるため、このような現象が起こると言われています。また大人のサンゴも弱って白化が進みます。そしてなによりこの成分、サンゴだけではなく他の海の生き物も弱らせる

またナノ粒子がサンゴが体内に取り込まれると、生命維持ができなくなるという影響もあります。体内に取り込まれる、という点では人間についても同じで、小さな毛穴から入り込み、アレルギー性分や発がん性を引き起こすこともあります。

白浮きする日焼け止めって、どう思う?私はこんな人をみたら、思わずかっこいいって思っちゃう派です。(写真:https://sunbutteroceans.com.au/products/salmon-run-surf-zinc

紫外線拡散剤は、ナノ粒子やサンゴにとって有害な化学物質が入っておらず、代わりに自然由来の植物油、酸化亜鉛などが含まれています。赤ちゃんにも使える、と謳われているのはこちらのタイプです。

<この材料がサンゴに与える影響は?>

自然由来の成分は、サンゴの成長ホルモンに悪影響を与えないしナノ成分が入っていないものは、サンゴの体に取り込まれることがありません。人間の毛穴から取り込まれることもないので、皮膚が弱い人も使いやすんですね。
紫外線拡散材はサンゴ(と人間&地球!)にとって有害な成分が入っていないから、「サンゴに優しい日焼け止め」といった呼ばれ方をしています。

サンゴに住み着く生き物は、海の生き物のおよそ4分の1。魚を食べるわたしたちも、観光で海を楽しむ人も、観光で収入を得る人も、サンゴによる支えで今の暮らしがあります。

それなのに、私たちが使う日焼け止めが、サンゴを、じわじわと死に追いやっています。

日焼け止め問題に取り組むべく、化学物質を含む日焼け止めの「販売を禁止」の法律を作ったのがアメリカハワイ州、そして「使用・販売を禁止」の法律を作った、パラオ。(それぞれ2021年と2020年から施行)日本を含め、世界中の国がこのような取り組みに続いていってほしいなあ。

あなたはここまで読んで、どんな日焼け止めを選びたいと思った?

私は、サンゴや海も大好きだし、そして自分も大事にしたいから、やっぱり環境に優しいものを使いたいと思ったよ。

<どうやったら紫外線拡散剤を選べるの?>

紫外線吸収剤は、化学物質が材料になっていましたよね。だから、「ノンケミカル」表示のあるものは、紫外線拡散剤と考えていいと思います。成分表をみるのなら、特にオキシベンゼンオクティノクセイト、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、安息香酸系吸収剤などの表示があるものは避けることです。

<サンゴに優しい、って書いてあったら大丈夫?>

みなさんは、グリーンウォッシュって言葉聞いたことありますか?
今や環境破壊を大っぴらに行う様子を社会に見られると、企業はバッシングを浴びます。企業は「私たちは環境に配慮してますよ~」って色んな広告を打ち出しているけれど、実体がない。環境にいいイメージだけを見せて、消費者に実体とそぐわない企業活動を行うことを「グリーンウォッシュ」と言います。

「サンゴに優しい」というフレーズとして売れるようになれば、それがマーケティングのためだけに使われてしまうこともあるかもしれません。

実際に、ラベルに「サンゴに優しい」と書かれていても、そのラベルだけを信用してはいけない警告する記事もあります。

この記事では、オキシベンゼンがよく有害物質として取り上げられるけど、オクトクリレンなどの物質も、生態系に影響を与えるといわれています。(物質を細かく見てみたい方は、調べると様々な記事が出てきます。)

もう何を選べばいいのよ!という方には、ここから私がお勧めしたい日焼け止めを紹介したいと思います。

<おススメしたい日焼け止め!>

ここからは私がお勧めしたい3つの日焼け止めを紹介。

①沖縄から発信!「サンゴに優しい日焼け止め」

沖縄出身の女性が、地元の海を守る!という思いから始まったこの日焼け止め。「サンゴに優しい日焼け止め 沖縄」と検索すれば1番最初にに出てきて、日本でも様々な雑誌に取り上げられるほど。もちろん自然由来の材料からできています。小分けで使えるものもあるので、容量が少量で十分っていうアナタにもお勧め。アマゾンでも公式サイトでも買えるよ。

②オーストラリアの自然由来「UV natural sport」

少し白浮きするけど、しっかり肌を守ってくれるこの日焼け止め。水ではなく、オイルがたっぷり入っていて、防腐剤が入っていないのに使用期限は3年と長め。私も使って2年目だけど、全然効果が薄れている感じがしない。アロマのほのかな香りも◎これもアマゾンや、アウトドアショップでもおいているところがあるよ!

③肌の色やお気に入りの匂いを選べる!「Sun butter」

海洋生物学者も参加しているチームが開発したこの日焼け止め。環境への配慮はもちろん、ホワイト、ピンクベージュ、ダークベージュ、イエローベージュと、日焼け止めの色が豊富なので、自分の肌の色に合わせてセレクトできる。香りはココナッツ、カカオ、もしくは無臭の種類もあるって。わざと肌の色とは違う色を塗ってみるのもかっこいい!ビーガン対応、1% for planet 加入製品でもあります。インスタのページや、プロフィールに乗っているウェブサイトから出も購入可能。

<日焼け止めを塗る時に気を付けたいこと>

日焼け止めを塗る時や塗りなおす時。
身体の表面が汗や海水で濡れていると、塗ってもすぐに落ちてしまう。
環境に優しいからと言っても、なるべく無駄が出ないように、塗る時はしっかり皮膚を拭いて、乾かしてから塗ろう!
またSPFが高いと言っても、時間が経てば日焼け止めの効果は薄れていきます。海に行く方は塗り直しは必須、ということを頭に入れておいて。

<終わりに>

今回の記事を読んで、「海には行かないから、皮膚や環境に悪くても、紫外線吸収剤を使ってもいい」と思う人もいるかもしれません。
でもちょっとよく考えてみると、
あなたがおでかけから帰ってきて、顔を洗い日焼け止めを落としたら、その水はどこに行くんだろう?

下水処理?そしてその先は…海。
私たちの生活の中で、全く分断されているようにも見えるけれど、水のシステムってつながっている。

自然に癒されると言うなら。
動物が好きというなら。
海に行くとわくわくするというなら。


そんな環境を汚さないように、壊さないように。大好きなものを、本当の意味で抱きしめよう!あなたが去った後、大好きなものが壊れたら、悲しくない?

想い出づくりのためだけに、色んな生き物やその住処を壊すのは、
もうやめにしよう。だって、壊さない方法があるんだから!

正直サンゴに興味のある人は少ないかもしれないけれど、
サンゴに優しい=あなたにもやさしい
これって、地球にも優しい=あなたにも優しい
という等式になると思うのです。

「自分にいいことは地球にもいい!だったら自分にいいものを選んで、消費したほうがハッピーじゃない?」というメッセージは、いつも伝えたいことのひとつ。
地球や自分自身のことをケアする方法を、ひとつひとつ知って実践する機会を、スパイラルクラブからもっと発信していくよ!

この記事を読んだあなたは、また一つ自分を、地球を守る知識を蓄えました。
今年の日焼け止めを買うなら、どうする?
ひとつひとつ自分が選べるものに、ワクワクしよう。

さあ、夏を、海を楽しむ準備はできた?

松岡 美範

松岡 美範

松岡美範。国内外でウミガメ、サンゴ礁、イルカなどの海洋保全活動に参加。夢は鯨類と泳ぎ、オサガメと出会うこと。今後学びたい事は、クジラのソングやヒートコーラル、海に関する神話と、科学の親和性。知識・感情共に豊かな海洋ジャーナリストを目指す。もっと詳しく

質問はこちらまでお寄せください スパイラルクラブに寄付する

オススメ記事

  • 若いからこそできることがある#Fridays For Future

    『気候正義のために金曜日は学校を休みます。』日本でもスタートした、学生ストライキとは?

  • なんで美緒は東京に戻ってきたの?

    東京には戻ってこないつもりで荷造りした。気が付いたらまた東京にいた。もうスパイラルに包囲されてる!

  • 清水イアンでござる!!!

    知られざる清水イアンの全てを公開!ついでに宇宙の秘密も暴露しました。絶対に読まないで下さい!

    清水 イアン

    清水 イアン