わたし、旅にでます。

気候危機に対して、等身大でできることを探しに。

2019.01.31 小野 りりあん

小野 りりあん

じっとしていられない。
今の状況をほうっておけない。
もう、ほうっておきたくないんだ。
時々、居ても立っても居られなくなるんだ。

だって、
私たちの家、地球を私たちは本気で壊しはじめてる。

その状況を知れば知るほど、体感するほど
普段通りの生活を選ぶのがむなしくなってくる。

「今だからできることをやりたい」

そんな気持ちが湧いてくる。

でも、
どうしたらいいのか正直わからない。

確実なことは
温室効果ガスの排出をグオーンとさげること。
そして、すでに出過ぎてしまった温室効果ガスを吸っていくこと。

じゃないと地球は暑くなりすぎて
自分たちがこの美しい地球に住めなくなる。

温室効果ガスの65%は、化石燃料と工場から出てる。
人にとって安全なco2濃度は、350ppmとされていて、今は408ppm。
ちなみに産業革命前は280ppmだったと科学者は推定。

今の勢いでガッスィーを出し続けていたら、
(温室効果ガスって響きが固いからガッスィーに変えます笑)

1.5度以内の気温上昇に納めるには、あと8年しかないと言われている。
あなたは、あと8年しか手を打つ時間がないと聞いたら、どう生きる?? 

どう生きたいのかな?

このSFみたいな話が
全世界の科学者の研究結果(IPCCという報告書)に書かれてるのであれば、
真実として受け入れた方が賢明な判断ができると思うの。

わたしは、
残り8年しかないなら、思いっきり自分が後悔の無いように生きたい。

気温上昇を止めるためにありったけの力で行動している
世界中の仲間の一人に、わたしはなりたい。

そう心の底から思う。

子供を産むかどうかとかは、
あと8年。気候変動のために頑張ったあとでいい。
今だからこそ頑張りたいんだ。

わたしが今、力をつけて大きく動けるようになるにはどうしたらいいんだ〜!?

それが大きな疑問。

だから、「コレ、いいかも。」と思ったことを
片っ端から実行してみることにした。

まずは、人に会うこと、たくさんの人と気候危機について話すこと。

思ったことを素直に実行する。

学ぶことが沢山ある。

なんで、世界は今の状況まで行き着いたんだろう

日本、そして世界では、何が起きてるんだろう

どんな人がどんな風に解決のために動いているのだろう

見たい、出会いたい、感じたい。

旅の途中で知識を得ながら、行動する。そんな旅にしたい。

それから、自分自身がガッスィーをできるだけ出さない旅を実践してみよう!と決めた。

・飛行機にできるだけ乗らない(ガッスィーが恐ろしく出る移動方法だから)

・肉をできるだけ食べない(特に赤身。ガッスィーを恐ろしく出してしまう食べ物だから)

・使い捨てのプラを減らす(マイボトルとかね。多分、道に落ちてるプラもどんどん拾う予定。プラもガッスィー出すけど、海の生態系への影響を減らしたいから)

この旅の実況は個人のインスタアカウント(@_lillianono_)から発信していきます。そして、spiral club にも記事をちょいちょい投稿していくよ。

旅のスケジュールは今のところこうだ。

鳥取まで夜行バスで行き、そこから船でウラジオストック(ロシア)へ。さらに、シベリア鉄道に乗って9000キロユーラシア大陸を横切り、ヨーロッパへ。

ロシアでは、ツンドラ森林がどんなペースで燃えているのか、守るために何をしているのか熱波のこと、政策はどう動いているのか。

日本が石炭大国としてエネルギー政策を進めている中、
(電気を作る時にガッスィーが一番出るのが石炭火力だよ。)
他の石炭大国だった場所、または今もそういう国は、どのようにこの気候危機と向き合ってるのか。

日本がガッスィーを出さないエネルギー政策に変わっていく上で参考にできることはないのか。ドイツにも行ってみる。(ポーランドも?)

あとは、スイスのアルプス山脈の氷河がどれだけ溶けているのか見たり、フランスの作物が熱波でどうなっているのかみたり。きっとどこにいっても気候危機の影響は出てると思う。

12月には、COP25(気候変動枠組条約締約国会議)に参加しにチリにいく予定だ。そのあとは、まだ決めていない。可能性はきっと無限大。

旅道中、地球温暖化、気候危機を理解するのに必要な基礎知識も発信していこうと思っている。

日本は、世界で5番目に多くガッスィーを排出してる国。
(世界のガッスィー排出量の3.5パーセントが日本だよ)

一人当たりのガッスィー排出量をみても日本は6番目。
196カ国の中の5番と6番。

地球を温暖化させてる大部分は、日本!と言っても過言じゃない?
ということはさ、日本のみんなで動いたら、温暖化を食い止める力は大きいよね!?

たくさんの国は、2050年(30年後)までに温室効果ガスの排出ゼロを目指すと約束した。

日本は、2050年に排出ゼロとは言っていないけれど、それも時間ともに変わっていくと信じてる。

より明るい未来への舵をきるのは、自分だ。

わたしみたいに動き出したい人の手助けを、わたしは何を通してできるだろう。

まずは、あなたも今の状況を「こうしたい」というアイディアを素直に行動することからだと思う。

そういう訳で
わたし、旅にでます。


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/spiralclub/spiral-club.com/public_html/wp-content/themes/spiral-club/single-post.php on line 64
小野 りりあん

小野 りりあん

青森県生まれ北海道育ち。ダンスと自然を愛し育ち、14歳からモデルを始める。今はモデルをやりつつ、気候変動の解決に自分が何ができるか模索中。YouTubeを通して、自分も地球もハッピーになれるライフスタイルのヒントを伝えていきます!もっと詳しく

質問はこちらまでお寄せください スパイラルクラブに寄付する

オススメ記事

  • 若いからこそできることがある#Fridays For Future

    『気候正義のために金曜日は学校を休みます。』日本でもスタートした、学生ストライキとは?

  • なんで美緒は東京に戻ってきたの?

    東京には戻ってこないつもりで荷造りした。気が付いたらまた東京にいた。もうスパイラルに包囲されてる!

  • 清水イアンでござる!!!

    知られざる清水イアンの全てを公開!ついでに宇宙の秘密も暴露しました。絶対に読まないで下さい!

    清水 イアン

    清水 イアン